西野七瀬、加齢臭フェチ告白に中高年ファンが歓喜! 天然の「あざとさ」発揮で男性人気うなぎ上り

編集部

 元乃木坂46で女優の西野七瀬が、驚きの「加齢臭フェチ」を告白したことが話題になっている。世の「おじさん」たちのハートをキャッチする一方、少々露骨とも思える男性ウケを狙った発言に「あざとすぎる」との声も上がっているようだ。

 西野は、8日にレギュラー出演しているトークバラエティ番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ系)に登場。西野が進行役となってゲストの女優・松本穂香とゆにばーす・はらとロケに繰り出し、恋愛トークを繰り広げた。

 途中で「何フェチか」といった話題になると、松本が匂いフェチであることを明かしつつ、彼氏ができると「首筋や頭皮の匂いをかぐことがある」などと赤裸々に語った。

 これを聞いた西野は「私もお父さんの枕(の匂いが)大好きだったんですよ」と告白。「今思うと年齢のやつ(加齢臭)だったと思うんですけど、めちゃくちゃ好きでした」と、まさかの“加齢臭フェチ”であることを示唆した。

 スタジオでVTRを見ていたレギュラー出演者の田中みな実は、驚きながら「お父さんの枕、嫌いな人が多いんだよ」とコメントしたが、それに対して西野はあらためて「大好きでした」と返答している。

 これにネット上の男性たちからは「めっちゃいい子だな~」「おっさんの身としては嬉しすぎる」「おじさんに希望を与えてくれる存在」などと歓喜のコメントが続出した。

西野七瀬、加齢臭フェチ告白に中高年ファンが歓喜! 天然の「あざとさ」発揮で男性人気うなぎ上りのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!