へずまりゅう“母”インタビューで教育を「後悔」も賛否! 掲載誌にも“批判”が… 

編集部
へずまりゅう母インタビューで教育を「後悔」も賛否! 掲載誌にも批判が… の画像1

へずまりゅう 公式YouTubeチャンネルより(現在は削除済み)

 “迷惑系YouTuber”のへずまりゅう。今まで有名YouTuberへ無理やりコラボを迫ったり、首里城のメッセージボードに落書きをしたりなどの数々の迷惑行為で話題を呼んでいた彼だが、7月11日、5月に愛知県内のスーパーで会計前の商品を食べたとして逮捕されたことは記憶に新しい。

 さらにその4日後となる15日には新型コロナウイルスへの感染が発覚し、それまでに立ち寄った山口県や愛知県などで彼が感染源になったと見られる感染者が多く確認されるなど、まさにその悪名を轟かせることになった彼の家族が週刊誌のインタビューに応じ、話題となっている。

「週刊新潮」8月6日号(新潮社)に掲載されたへずまりゅうの母へのインタビュー記事が8月5日、ニュースサイトの「デイリー新潮」で公開された。

 この中でへずまりゅうの母親は、彼の起こした数々の騒動について「私たちの育て方が悪かったんです」と述べたほか、「近所にも謝ったけど、それでは済まんですし。息子は、(警察もしくは入院先から)もう出てこんほうがいい。出てきたら、私ら夫婦は殺されるかもしれん」と、自身や夫に危害が及ぶ可能性に怯えている様子だったという。

 そのため寝食もまともにできていない状況であることを明かしたのち、「昼は就職活動、夜は居酒屋でアルバイトをして、山口県内で一人暮らしをしているとばかり思っていました」と、へずまりゅうが迷惑系YouTuberとして活動していた事は知らなかったと主張。「今はどうすればいいかわからんけど、私はあの子を産んどるし……」と、複雑な思いを吐露していた。

 この件について、ネット上では「親は本当に可哀そう」「どう育てても、こういう風になっちゃう奴は一定数いるからね……」など、親に同情するような声もあがっているが、一方で「まず自分の心配をしちゃうわけ?」「こんなことを週刊誌に語る前に、まずは自分の息子と向き合うべきでは?」という声も聞かれる。

へずまりゅう“母”インタビューで教育を「後悔」も賛否! 掲載誌にも“批判”が… のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!