アイドルグループ・乃木坂46の3期生の岩本蓮加と山下美月が、7月26日に放送された冠ラジオ番組『乃木坂46の「の」』(文化放送)に出演。その放送前には番組公式Twitter上において、「ふたりの風変わりな癖が明らかに?」と告知されたが、「予想の上をいくエピソードの連続だった」「アイドルとしてはきわどすぎる話だったのでは?」と、ファンを騒然とさせる事態になった。

 リスナーから送られたワードをもとにトークを展開するコーナーにおいて、“図鑑”がテーマになった際、岩本は人体図鑑を見るのが好きだと発言。人体の内部のイラストを見て、「こーんな、なってんだ」と感心するらしく、「結構、グロテスクなのも見ちゃうかも」と明かした。

「このコメントに対して、『なんかちょっとギリギリの発言だな。怖いな』と、一旦は引いたようなスタンスをとった山下ですが、『私も十二指腸の画像とか見るの好き』と発言しました。胃腸が弱いという山下は、内臓の画像をネット検索し、『想像しながら痛がるのが好き』と明かしたのですが、今度は岩本が『これまたギリギリの(話)』とツッコむことに。ふたりが終始、笑いながら話していたこともあり、『マジでちょっと怖い』『清楚な見た目からは想像もつかない変態エピソードだな』と、ファンを驚かせたようです」(芸能関係者)

 特に山下については昨年4月、主演ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ朝日系)の撮影との両立で多忙を極め、グループ活動を一時休止したこともあるため、「疲れがたまっているのでは?」「メンタルが心配」と危惧する声も寄せられている。

「2018年4月にリリースされた20thシングル『シンクロニシティ』(N46Div.)で初の選抜入りを果たした山下ですが、同月に放送されたラジオ番組『レコメン!』(文化放送)にゲスト出演した際には、休日の過ごし方について、『家にこもって天井の模様とかよく見てます』と語り、ファンを心配させたこともありました。また、今年に入ってからは激ヤセを指摘されることも多くなり、運営にケアを求める声が集まっているようです」(同)

 女性ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルを務める山下は、9月からは出演映画『映像研には手を出すな!』も公開予定。外出自粛期間が明けたことで乃木坂46としての活動も増えてきただけに、体調には十分に気をつけてもらいたいものだ。

乃木坂46、“グロテスク画像”愛好の「変態」エピソードにファン騒然! 激ヤセ&メンタルを危惧する声も…のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!