のんにも光明!? 元所属事務所に使用禁止された名前を裁判で奪還したバンドが話題の画像1

 前所属事務所にグループ名の使用を禁止されたロックバンドが逆転勝利し、元の名前を使えるようになったとのニュースが大きな反響を呼んでいる。

 これは、2010年10月に結成された「FEST VAINQUEUR(フェスト ヴァンクール)」というバンドのエピソード。「弁護士ドットコム」の報道によると、契約更新のタイミングで条件面が折り合わなかったため、2019年7月14日に独立を発表したが、前事務所からグループ名の使用を禁止されたという。

 その後、仕方なく「FV」と改めたものの、メンバーは使用禁止に納得できず、裁判所にグループ名の継続利用を求める仮処分申し立てを行った。しかし、彼らに「芸名なんて変えれば問題なく活動できますよね。不利益ないですよね」という言葉を投げかけたという裁判官は、事務所側に芸名をコントロールする権利があると判断したという。

 だが徹底的に争った結果、今年7月10日に出された抗告審(二審に相当)で東京高裁が真逆の判断を下し、グループ名を取り戻すことに。14日からFEST VAINQUEURとして再始動している。

 この「芸名の使用を禁止されていた」という話に、本名の能年玲奈として活動していたものの、事務所から独立し、4年前に芸名を変えた「のん」を思い出した者が多いようだ。

 ネットでは「のんさんも本名で活動して欲しい」「本名を使えないのんも訴えてほしい」と、“のんが独立により能年玲奈の名前を使用禁止になった”との一部報道を思い出す声が。また、のんの名前こそ挙げてないものの、「本名すら使えなくなるのは問題があると思う」「少なくとも本名の場合は、無条件で使えるようにするべき」など、芸能界の“慣習”に疑問を呈する声も上がっている。

のんにも光明!? 元所属事務所に使用禁止された名前を裁判で“奪還”したバンドが話題のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!