ギャルモデルの「ゆきぽよ」こと木村有希が、27日に放送されたバラエティ番組『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)の3時間スペシャルに出演。可愛すぎる「すっぴん」と「ギャルの根性」に称賛が沸き起こる事態となった。

 ゆきぽよは、無人島に置き去りにされた状態から有人島への自力脱出までのタイムを競う人気サバイバル企画「脱出島」に登場。対戦相手は、あばれる君とプロレスラーのオカダ・カズチカだ。

 筋金入りのギャルであるゆきぽよは、サバイバル生活はもちろんアウトドア経験すらゼロ。かなり厳しい勝負になるかと思われたが、無人島入りした彼女はすっぴんで海に潜ってモリで魚突きをするなど豹変。驚異の野生適応力を見せた。

 この時にネット上では、ゆきぽよのすっぴんに対して「すっぴんマジ可愛い!」「すっぴんでこのレベルはすごいわ」「ノーメイクの方が可愛いってどういうこと」「すっぴん別人状態だけど、その方が可愛い」といった視聴者の声が殺到。普段のギャルメイクとのギャップに驚愕する人が続出した。

 スケジュールの都合で参加メンバー3人は別日にロケをしたのだが、ゆきぽよが脱出に挑戦した日は激しい雨に。真珠貝をモチーフにした大きな浮き輪「キュン号」に乗って有人島を目指したが、途中から雷も鳴り始める事態となった。

 スタッフが「ゆきぽよさーん 雷鳴り始めたんですけど大丈夫ですか?」と心配するも、ゆきぽよは「いや、リタイアしないんで」と返答。女の子が猛烈な雷雨の中でオールを漕ぎながら海を進むというすさまじい状態になりながらも、根性でチャレンジを続けた。

ゆきぽよ、脱出島ですっぴん&ギャルの根性に称賛! 番組には「そのうち死人出る」と批判ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!