7月25日放送のKinKi Kidsの冠番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)にジャニーズ事務所の後輩グループであるSixTONESから、京本大我と田中樹が登場し、ジャニーズ事務所の創設者である故・ジャニー喜多川氏について言及する場面があった。

 この日番組では、「キンキ先輩に人生相談」として、2人が他のメンバーから持ってきたKinKi Kidsの2人への質問を代弁するコーナーが放送され、松村北斗(SixTONES)からの「僕はよくジャニーさんに怒られていたんですが、お二人がジャニーさんに一番怒られたことはなんですか?」という質問が読み上げられた。

「これに対し堂本剛は、激しく怒られた経験は1回しかなく、『僕、基本怒られてないもん』と告白。その1回は学生時代、創立記念日で学校が休みとなり、合宿所暮らしだった剛が昼過ぎに起こしたある事件だったそう。

 剛によると、『冷蔵庫開けて、なにか食べるものあるかなって見てたら、「なんでいるの!?」ってなって……』と合宿所を訪れたジャニー氏から驚かれ、慌てて『学校が休みやからさ』と説明したものの、ジャニーさんは『絶対嘘だよ、休みなんかじゃないんよ。不良だよ、悪いんだよ』と憤慨してしまったとか。これに堂本光一は『親代わりだったからね』と苦笑い。剛は思い出を懐かしみつつ、それ以来、ほぼ怒られなかったと明かしていました」(芸能ライター)

 一方、剛とは対象的に光一は怒られまくったという。

「KinKi Kidsのふたりによると、ジャニー氏は人を見て褒めて育てるか、厳しくして育てるか考えているそうですが、そのためか光一はよく怒られたそうです。

 中でも一番怒られたエピソードは、舞台『Endless SHOCK』のクライマックスに『夜の海』を歌唱する演出を考えていた際、ジャニー氏に『You、なんで最後にこんな暗い曲やるの?』と指摘されてしまったときだったそう。すでにリハーサルを行っていたタイミングということもあり、光一が『でもジャニーさん、絶対いい曲になるからこのままやらせて』と諌めたものの、ジャニー氏は『なんで……』と嘆き、『もう勝手にやればいいじゃない!』と憤慨して出ていってしまったことを告白しました。

 光一はこのエピソードを懐かしそうに振り返り、『その背中はいまでも忘れられないね』と自身の中での強烈なエピソードとして今も心に残っていると明かしていました。とはいえ、去っていったあと、ジャニー氏はこっそりとスタッフにアドバイスをして回っていたといい、光一は最後に呟くように、『会いたいね、ジャニーさん』と想いを吐露していました」(同)

 このジャニー氏とのエピソードに視聴者からは、「最後の『会いたいね』で泣いた」「いつ聞いてもジャニーさんとのエピソードって素敵だよね」「キンキは本当にジャニーさんが好きだな」という声が集まっていた。

KinKi Kids、ジャニー喜多川氏から怒られたエピソード告白… 光一「会いたいね」としんみりのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!