毎年恒例のチャリティー特番『24時間テレビ 愛は地球を救う』(8月22日、23日/日本テレビ系)で、3月に死去した志村けんさんの物語『誰も知らない志村けん―残してくれた最後のメッセージ―』が放送されることが決定した。これに「あざとすぎる」「志村さんを思うなら放送中止にすべき」といった声が上がり、賛否を呼んでいる。

 同企画は「スペシャルヒューマンストーリー」として、新型コロナウイルスによる肺炎で3月に急逝した志村さんの知られざる素顔や思いを、ドキュメント映像やドラマ、志村さんが愛した音楽を通して描く。

 主演は、番組メインパーソナリティーのひとりであるジャニーズWESTの重岡大毅。人気番組『天才!志村どうぶつ園』(同)で約16年にわたって志村さんと接してきたディレクターを演じる。

 重岡は「今回、『天才!志村どうぶつ園』を始める時から志村さんとずっと共に歩んできたディレクター役を演じますが、志村さんに触れさせていただく中で、『職人』だったり、『責任を背負い仕事を頑張る大人ってどういうことなのか?』を学ぶことができたらうれしいです」などとコメント。格別の意気込みを見せている。

 ネット上では「楽しみすぎる」「期待しかない」「しげおめでとう!」といった声が上がった。志村さんの追悼企画ともいえる作品がどのような内容になるのかと期待する人は少なくないようだ。

 だが、一方で「お涙頂戴のダシにされてるみたいに見える」「あざとすぎ」「志村さんを思うなら感染拡大防止のために放送中止にすべき」「重岡くんは好きだけど これはちょっと応援できない」「亡くなって数カ月でドラマにするって何なの……」といった批判の声が殺到。SNSや大手ポータルサイトのコメント欄は「炎上」ともいえる状態になっている。

『24時間テレビ』重岡大毅主演「志村けんさん物語」の放送に賛否! 「志村さんを思うなら中止にすべき」と厳しい声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!