嵐の二宮和也と松本潤が、7月21日に発売された情報誌「月刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)の連載「月刊『嵐』」内で、ペア企画を実施。

 ふたりはハーブティーやルームスプレーづくりに挑戦したが、その光景にネット上では「険悪なムードはまったく感じられない」「ほのぼのとした雰囲気」との声が上がり、以前から飛び交う“不仲説”を払拭するカタチとなった。

「昨年11月に二宮が一般女性との結婚を発表した際、松本が猛反対したとのウワサが流れたことで、不仲説が取り沙汰されるようになりましたが、ハーブづくりでは仲良く肩を並べていました。

また、編集部による“こぼれ話”によれば、こだわりが強く、常に熱心に取り組む松本に対し、二宮は『好きにやらせてあげて』とフォローしていたとのこと。さらに、2000年から続く同連載の過去回を振り返るコーナーでも、思い出話に花を咲かせたため、より不仲説を否定するような空気感になったようです」(芸能関係者)

 ハーブづくりにちなみ、“香り”にまつわるトークを展開した際には、「人んちのご飯の匂いとか、俺、好きだな(笑)」とコメントしていた松本。

 そのため、一部のファンからは「ニノの新婚宅にお邪魔すれば?」「マツジュン版『突撃!隣の晩ごはん』が見てみたい」と、タレント・ヨネスケが出演していた人気コーナーの“パロディ化”に期待の声も上がった。

松本潤、二宮和也“新婚宅”へ突撃? ペア企画で“不仲説”を完全払拭かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!