7月21日、多部未華子が主演を務める連続ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第3話が放送されました。

 前回は、製薬会社の医薬情報担当者(MR)として働く28歳のキャリアウーマン・相原メイ(多部)が、突然来訪することになった母親の美登里(草刈民代)に汚い部屋を見せないため、中年のスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)をスポットで雇うまでが描かれました。

 母親に鴫野を雇ったことを隠そうとするも、結局バレてしまい、仕事と家事を両立させるよう諭されたメイは、一念発起して家事を開始。しかし、取引先の病院の医師・肥後菊之助(宮尾俊太郎)を講師に招いての講演会の準備に追われ、次第に睡眠時間が削られていきます。

 さらに、肥後やライバル会社のMR・田所優太(瀬戸康史)から好意を寄せられ、プライベートでの悩みも尽きません。講演会は無事に終了するも、メイは自宅で倒れてしまうのです。

 あわや孤独死となりそうなところへ、美登里が偶然現れ、鴫野に助けを求めて病院へ。家に戻り寝込むメイのために、家事が苦手な美登里が鴫野からレクチャーを受けて雑炊をつくります。

 子どもの頃に食べた懐かしの手料理を味わい、美登里からの愛情を感じたメイは心身ともに回復。今はとりあえず仕事に集中するよう美登里から諭され、週3回、1日3時間の契約で鴫野を雇うことに決めます。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第3話! 3分でわかるあらすじ 主人のピンチに冴えないおじさんがヒーロー化!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!