情報番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)が9月末で打ち切りになると報じられ、それに伴って「カトパン」こと加藤綾子アナに名誉挽回の大チャンスが巡ってきたようだ。

 安藤優子がメインキャスターを務めてきた『グッディ!』は視聴率が苦戦し、安藤の高額ギャラもネックとなって終了が決定したとされる。空いた枠は、坂上忍が司会を務めるお昼の情報番組『バイキング』(同)の放送時間を拡大することなどで埋めると報じられていた。

 さらに、20日に「女性自身」(光文社)のWEB版が報じたところによると、加藤がメインキャスターを務める夕方のニュース番組『Live News it!』(同)も時間を拡大して放送することになったという。

「フジはフリーとなった加藤アナを他局に取られまいと口説き落とし、夕方の顔にしようとしましたが、思った以上に『Live News it!』の視聴率は苦戦中。同時間帯トップの『news every.』(日本テレビ系)に大きく水をあけられ、視聴率2~3%をウロウロしているような状態です。夕方のニュースは主婦や高齢者層がメインターゲットですから、男性ファン中心の加藤アナは持ち味を生かしきれていない。一部では、コストカットの対象として番組打ち切りと加藤アナの降板がウワサされたほどでした」(芸能ライター)

 降板までウワサされていた状況から一転、ベテランの安藤キャスターがコストカットのための“大物切り”の対象になったことで、加藤アナがその後釜の半分に座ることになった。

 だが、加藤アナにとって事態が好転したとは言い切れない部分もある。

加藤綾子アナ、フジの大物切りで思わぬチャンス到来!? 失敗なら“キャスター失格”の烙印押される危険性ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!