7月18日に嵐の冠番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)が放送。二宮和也が主人を務めた「隠れ家ARASHI」には、ネットで話題のお笑い芸人・三戸キャップ(THE GREATEST HITS)が登場し、二宮に新ネタをプレゼントした。

 ファンの間で話題になっているのは、三戸キャップが二宮のために作ったという架空映画の予告だ。

「三戸キャップは、様々なものまねを得意としていますが、今ネット上で話題になっているのが、Youtubeの『三戸キャップちゃんねる』で公開している『架空の映画予告』というネタです。登場人物を三戸が一人で何役もこなし、ナレーションまでしてしまうというネタなのですが、その台本や効果音選びが本格的で『すっげぇ面白そう!』『台本考える才能ある!』と絶賛されているんです。

 そこで今回は、二宮のために三戸が台本からナレーション、効果音までをすべて制作したという架空映画予告『魔界レストラン』を二宮が演じることに。これが、ファンのハートをがっちりとつかんだようで、ネット上では『ぜひ、映画化を!』『まじで面白い』と映画化を希望する声が殺到する事態に発展しています」(芸能ライター)

「絶対に見たくなるファンタジー映画」という演目で紹介された『魔界のレストラン』は、世界で一番まずい料理を作るシェフが主人公。ある日、怪しいじぃさんから「うちで働きませんか?」とスカウトされ、ついていった先はなんと魔獣がひしめく「魔界のレストラン」だった。しかし、まずいはずの料理がなぜか魔界では大人気。ここでは「まずい料理=うまい料理」で、そんな魔界には、大男やクモ男、腕百本男などさまざまな住人がおり、魔界のレストランは大盛況……、という内容の予告なのだ。

「1分程度の予告でしたが、これを二宮が一人で8役を演じ分けていました。終了後、二宮は『空とぶ化け物でノドがはち切れるかと思った』と愚痴っていましたが、ネット上では『料理人の普通っぽさと、闇のスカウトマンのふり幅……やっぱりニノは演技上手だな』『これって、大野くん主演の「怪物くん」の続編ですよね!?』とさっそく話題に。今年10月には、二宮が主演を務める映画『浅田家!』が公開予定ですが、架空の映画予告に対しても『映画化されたら絶対見に行きます!!』との声が集まっていました」(同)

 ネタとはいえ、見事8役を演じ分けてみせた二宮。仮に、三戸キャップが原作兼監督を務めることになったら、ぜひ嵐に声をかけてほしいものだ。

嵐・二宮和也主演!? ファンタジー映画『魔界レストラン』に「ぜひ映画化を!」「まじで面白い」と映画化を望む声が殺到のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!