アイドルグループ・欅坂46が7月16日、初の無観客配信ライブ『KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!』を開催。

 そのライブ終盤、MCでキャプテン・菅井友香の口から、10月のラストライブで区切りをつけ、改名後に新たなグループとして始動することが発表されたため、ファンに衝撃を与えることになった。

「約5年の活動に区切りをつける背景には、これまでリリースされた全シングル表題曲でセンターを務め、“絶対的エース”として君臨した平手友梨奈が“脱退”した影響が少なからずありそうですが……。

この“脱退”という表現。実は、同時期にグループを去った織田奈那と鈴本美愉に関しては“卒業”と表現しており、平手の“脱退”と区別して報じられていたんです。

そのため、『卒業じゃないってことは、復帰の可能性あり?』と期待していたファンも多かったですが、今回の発表で肩透かしを食らうカタチに。また、『最初から最後まで平手ありきのグループだったの?』『一緒に戦ってきた一期生が気の毒すぎる』と、旧来のファンからは不満の声が噴出しているようです」(芸能関係者)

 その一期生の同期の中には、平手を崇める“狂信的なシンパ”が存在することを、ライブ直後に配信されたウェブサイト「文春オンライン」が報じたため、「大量解雇の可能性も?」「新しいグループとして活動するからには、“異分子”が排除されるのは当然なのかな?」と憶測する声も広まっている。

欅坂46、改名決定で“大量リストラ”の可能性!? 平手友梨奈の“肩透かし”に落胆の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!