7月12日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、SixTONESのメンバー・京本大我の名前が出たとファンの間で話題に。さらには、京本が先日番組を降板した元NEWS・手越祐也の後任になるのではないかという声が続出している。

 この日のイッテQは、レギュラーのいとうあさこが担当した『ミステリーツアーin鳥取県・島根県』という企画を放送。

 しかし、いとうが鳥取県の国宝建築である「三徳山三佛寺 投入堂」の参拝に挑戦したところ、この企画が7月17日放送予定の『沸騰ワード10』(同)で京本が担当したロケと同じだったということで、番組プロデューサーが話し合った結果、いとうの山登りの場面はカットという展開に。

 そして番組では投入堂の参拝のために山を登る京本の姿など『沸騰ワード10』の番宣が流れ、エンディングではMCの内村光良が「道中は『沸騰ワード10』でお願いします。京本くんが登ってます」とアピールし、いとうは「京本くんのほうが美しいけど私のほうが必死だって、絶対!」とボヤいていた。

「社内で調整できる問題をわざわざ放送したことに、何らかの意図を感じてしまいますよね。手越さんの後任は誰になるのかと世間で話題になっている現在、俳優の京本政樹さんのひとり息子という、お茶の間で強い武器を持っている京本さんが選出されても不思議ではありません。

 業界内でも、この流れで京本さんがそのうち『イッテQ!』にお詫び出演し、そのままレギュラーに……みたいな台本があるのではと勘ぐる人が続出しています」(テレビ局スタッフ)

SixTONESがジャニーズ事務所を「背負っていく」!? 先輩の“後釜”軒並みゲットかのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!