愛知県警岡崎署の留置場で勾留されていた20代の男が新型コロナウイルスに感染したと報じられ、YouTuberのへずまりゅうではないかと話題だ。

 発表によると、男は7月13日に37.1度の発熱があったほか、倦怠感などの症状もあり、15日にPCR検査を受けて陽性と判定。現在、愛知県警は濃厚接触した疑いのある警察官10人が自宅待機となっており、このうち2人が喉の痛みを訴えているほか、1人が発熱し、PCR検査を受けて結果を待っているという。

 また、感染事例として発表された男の年齢や行動歴から、11日に窃盗容疑で逮捕され、岡崎署に勾留中のへずまではないかと話題に。

 へずまの関係者であるYouTuberのよりひとも、15日に投稿した動画でこの感染者について「間違いなくへずまりゅう」と報告。

 よりひとによれば、へずまは“有名人”という理由で接見禁止となっているため、同日、知り合いの弁護士を派遣。この弁護士が面会した際、へずまは発熱した状態だったという。

 さらに、よりひとは4日にへずまとの撮影を予定していたものの、「熱が出て会えません」と言われキャンセルになったそう。

 へずまは4日以降にも撮影やオフ会で多くのYouTuberなどに会っていたといい、よりひとはこの動画内で「くそ迷惑野郎」と言い放っている。

へずまりゅう留置所でコロナ発症か… 7月4日に発熱後もノーマスクでオフ会や撮影のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!