NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』で主演を務め、映画『君に届け』(2010年)やドラマ『これは経費で落ちません!』(2019年、NHK)など、多くの映像作品に出演し、人気女優のひとりとなった女優・多部未華子。

 現在は『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で主人公を熱演中。7月14日には第二話が放送され、12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好調をキープしている。

 だが、その一方で第二話では、多部のある部分が注目を集め、こちらもネットでおおいに話題となっていたのだ。

 注目を集めたのは、放送冒頭の寝起きシーンでのこと。このシーンでは多部がほぼスッピンに近い顔で演技をしていたのだが、「昔の多部ちゃんと同じ目だ!」といった声が上がることに。

 多部といえば、たびたび顔の変化が指摘されており、特に「目が昔と比べて大きくなった」と“お直し疑惑”が持ち上っていた。

 そのため、ほぼスッピンの目が、デビュー当時の初々しい頃と変わらないことにネット上の多くの人が驚いたようだ。

多部未華子、主演ドラマで「目元お直し疑惑」を払拭! スッピンシーンに「昔と一緒!」と大反響!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!