【速報】『朝が来る』サン・セバスティアン国際映画祭コンペ部門選出決定の画像1

©2020『朝が来る』Film Partners

 本日 7 月 3 日(金)スペイン時間の 11時(日本時間 18 時)に、第 68 回サン・セバスティアン国際映画祭( 9 月 18 日(金) ~ 26 日(土)開催予定)のラインナップ発表が行われ、本作のコンペティション部門への出品が決まりました。

 河瀨直美監督にとってサン・セバスティアン国際映画祭コンペティション部門への出品は、国際批評家連盟賞を受賞した『玄牝』(10 年)、『 Vision 』(18 年)に続いて 3 作目となります。

 尚、『朝が来る』ではカンヌ国際映画祭【CANNES 2020】、トロント国際映画祭に続く国際映画祭への選出が決定し、日本公開への期待が高まります。受賞結果は映画祭最終日の現地時間 9 月 26 日(土)に発表されます。つきましては、第一報を受けた、河瀨直美監督からのコメントをご一読ください。

●河瀨直美監督コメント
サンセバスチャンには、10 年前、6 歳の息子と一緒に行った時の記憶が鮮明です。小さな手を引いて歩いた海辺の街には映画を愛する人々がたくさんいて、とても温かな気持ちになった記憶があります。

 コロナ禍において歴史あるサンセバスチャン国際映画祭が、開催の意志を持って世界を光の方向に照らしてゆく祭典に、正式出品作として『朝が来る』を選んでくださり感無量です!
10 年ぶりのあの海辺の街へ、映画と共に訪れる日が来ることを、ピンチョスを食べて、シードルを飲んで、語らい、分かち合い、できる日が来ることを、願っています!

<発表概要>
7 月 3 日(金)スペイン時間 11 時・日本時間 18 時、映画祭より情報発信
【発表 URL】
 https://www.sansebastianfestival.com/in//

【タイトル】
朝が来る
【公開表記】
10 月 23 日 TOHO シネマズ 日比谷ほか 全国公開
【コピーライト】
©2020『朝が来る』Film Partners
【公式サイト】
 asagakuru-movie.jp

【速報】『朝が来る』サン・セバスティアン国際映画祭コンペ部門選出決定のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画カルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!