アイドルグループ・乃木坂46の4期生が出演する、バラエティ番組『ノギザカスキッツ』(日本テレビ系)の6月30日放送回では、メンバーの新たなキャラを発掘するための企画を実施。

 その中で、遠藤さくらの自己評価があまりにも低かったため、「これは嫌味に思われちゃうよ」「もっと自信もって!」とファンからエールが送られた。

 番組では、メンバーの個性を知るために「ビジュアル、頭脳、運動神経、性格の良さ」の4項目に、自身が考える「オリジナルの項目」をプラスした5項目を5段階で自己評価するフリップが用意されたのだが……。

「遠藤はオリジナルの項目『ご飯(好き嫌いしない)』を5点と評価、それ以外は0.5点と謙遜気味でしたが、その中の『ビジュアル』の低評価については他のメンバーから疑問の声が噴出。

また、昨年9月にリリースされた24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』(N46Div.)でセンターを務め人気急上昇中ですから、ファンからも『5点じゃ足りないぐらい』『オール5でいいよ』と指摘する声が寄せられたようです」(芸能関係者)

 今年2月放送のバラエティ番組『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)では、1期生の白石麻衣が「すごく頼もしく成長して。ああもう任せられるなと思った」、卒業を決意したことを語るなど、次期“エース後継者”として期待される遠藤。その白石が6月に4連覇を達成した『女性アイドル顔だけ総選挙』での躍進にも注目が集まっている。

白石麻衣の後継者、“ビジュアル低評価”が嫌味すぎ!? 『顔だけ総選挙』躍進に期待の声も…のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!