ビートたけし、渡部建も霞む「悪行三昧」の過去? 芸人は「絶滅危惧種になる」との指摘もの画像1

 お笑い芸人のビートたけしが、6月30日発売の『週刊ポスト』(小学館)の連載コーナー『21世紀毒談』において、妻で女優の佐々木希を裏切り、複数の女性との不倫が報じられたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建について言及した。

 たけしは、「コイツの場合、『笑えない』のが痛いよな」と、モラルではなく“芸人”としてダメ出ししたうえで、悪行三昧だった自身の過去を振り返り、現代であれば「死刑になってるよ(笑)」と発言。そのため、ネット上において「どんなふらちな行為を?」「犯罪をしたってこと?」と関心が集まった。

「現在73歳のたけしが若手時代を振り返り、『あの頃はオネエチャンをとっかえひっかえ遊んでた』と発言したのですが、渡部は“多目的トイレ”を利用しての不倫が世間に衝撃を与えたため、『あれ以上にインパクトのある女遊びをしてたの?』と反響を呼んだようです。

1986年には、当時交際していた専門学校生の女性に対し、週刊誌『FRIDAY』(講談社)の記者が取材して全治2週間の怪我を負わせたことに激高、たけしは弟子たちを率いて同誌の編集部を襲撃して関係者らに暴行を加え、器物損壊・住居侵入・暴行容疑で現行犯逮捕される事件を起こしたことがあるだけに、『表沙汰になってないだけで、本当にどす黒いことをやってきたのでは?』と注目を集めたようです」(芸能関係者)

 たけしは、「ホントにゆる~い時代で助かった」と安堵しつつ、「本物の芸人は絶滅危惧種になっちまうぜ」と、芸人に対する世間の目が厳しくなったことを憂いた。

 ネット上でも、「“お笑い”というジャンル自体がなくなってしまうのでは?」と危惧する声が飛び交っている。

ビートたけし、渡部建も霞む「悪行三昧」の過去? 芸人は「絶滅危惧種になる」との指摘ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!