「女性セブン」(7月9日号、小学館)や7月1日配信の「週刊文春」(文藝春秋)のウェブサイト「文春オンライン」などで報じられた前田敦子と勝地涼の別居・不仲報道。

「文春」の記事によると、家族は勝地の提案で前田の両親が住むマンションに引っ越したものの、前田が実家べったりになってしまい、勝地が孤立。

 さらには、昨年5月に起こった、前田が足の負傷時に買い物をして自宅に戻ってくる途中に勝地が車いすで出迎えるも、前田が不機嫌な顔をして一度車いすに座ったあと立ち上がってダッシュして転倒、その後駆け寄った勝地を怒鳴ったことなども振り返り、かなり前田上位の夫婦関係が見て取れたと明かしている。

 また、今年3月に夫婦は別のタワーマンションに引っ越しているものの、勝地が「帰りたくない」と仕事関係者に漏らしていたことや、世間から“前田敦子の婿”として認識されていることにジレンマを感じていることなどが報じられていた。

 この報道を受け、ネットでは「交際2〜3カ月のデキ婚じゃこうなるわ」「あっちゃんがわがまま姫なんてわかってて結婚したんじゃなかったのかよ」「あっちゃんの『パパ喝』何度見ても笑ってしまう」といった“納得”の声が溢れている。

「前田さんといえば、佐藤健さんとの号泣合コンや北川景子さんとの不仲事件などで、ファンからもエキセントリックな部分があることは知られています。前田さんの元恋人である尾上松也さんとは、我が強いもの同士だったために尾上さんが結婚を渋り、うまくいかなかったことは有名ですよね」(芸能ライター)

前田敦子、佐藤健も逃げ出す“わがまま性格”… 「本性」見抜けなかった勝地涼は自業自得? のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!