歌手で俳優の木村拓哉が6月29日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演。連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(同)で共演中の斎藤工や菜々緒らとともに、人気コーナーの「帰れま10」に挑戦した。

 番組にはお笑い第七世代チームとして、お笑いコンビ・ミキや四千頭身も出演し、大スターの木村を前に大いに緊張しつつ場を盛り上げた。中でも熱心な木村ファンとして知られるミキ・昴生は木村の主演ドラマ『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)のDVDをすべて持っていると明かし猛アピール。木村を“師匠”と呼び連絡先の交換を迫るなど大興奮の様子だった。

 第七世代の勢いは木村への質問コーナーに入るとさらに加速する。今度はミキ・亜生が「ソロツアーをされてるじゃないですか、グループ(として歌う時)との違いは何ですか?」と、タブーとはいかないまでも、本人には聞きづらいSMAP絡みの質問をぶつけたのだ。

 この質問には「(質問が)ガチだね」木村もやや驚いた様子。だが「(ソロ)ツアーは、頭からケツまで自分以外に歌っている人がいないので、それは初でした。だから、初めて喉のケアをしました」と落ち着いて回答し、さらに「今まで(SMAP時代)はもう適当」と周囲を笑わせた。

 これらのやりとりに対し、やはり視聴者の注目は木村の発言に集まった。だがその評判は好意的とは言い難く、放送直後からネット上では「ガチとか拒否ってたとかケツとか、キムタクの言葉選びがかっこ悪い」「ヤンキーみたいな言葉づかいが下品」など散々。不評を買ってしまったようだ。

「キムタクといえばドラマ出演時の『ちょ待てよ』や『俺じゃだめか?』などの名言がお馴染みですが、プライベートでは言葉遣いが乱暴だと話題になることも多いですね。

 ただ今回に関しては、緊張していた第七世代をリラックスさせるようにフランクな態度で接した可能性もあります。バラエティ番組ですし、シリアスに反応しても番組が盛り下がってしまいますので」(芸能誌ライター)

木村拓哉の「自分ファースト」にSMAPファンが激怒! 言葉選びのマイペースさが逆にダサい!?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!