「フジテレビの帝王」とも呼ばれる坂上忍に打ち切り報道が相次いでいる。お昼の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)に続き、バラエティ番組『直撃!シンソウ坂上』(同)にも打ち切り説が浮上したようだ。

 先日「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた『バイキング』打ち切り説。番組スタッフ2名が休職し、その原因が坂上の“パワハラ”である可能性があったことをフジが問題視し、9月末で打ち切りになるという内容だった。

 だが、同誌の直撃に坂上本人は「注意くらいはしますけど、叱責なんてしませんよ」とパワハラを完全否定。番組の打ち切りについても「普通なら半年前から1年前に話があるものでしょ……まだ話がないってことは違うんじゃないですか」と否定した。

 実際、お昼の帯番組が打ち切りになるとなればそれなりの準備が必要になる。坂上はフジテレビで多くのレギュラー番組を持っており、そんな功労者に知らせもないまま「9月で終了」というのは現実的に考えて難しいだろう。

 そんな中、27日付の「日刊大衆」(双葉社)では『バイキング』よりも『シンソウ坂上』が打ち切りになりそうだと報じている。

 『シンソウ坂上』は「懐かし」系の人物や事件を取り上げることが多く、メイン視聴者層は高齢者といわれている。それがネックとなってCM枠が売れず、スポンサーがつかなくなったことで打ち切り候補になっているというのだ。

坂上忍、相次ぐ打ち切り報道! パワハラ以上に局が問題視したのは…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!