女優・新垣結衣の近影を、6月24日付「NEWSポストセブン」(小学館)が掲載。写真の私服に対し、一部で落胆の声が上がっている。

 同サイトは、2018年10月クールの主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)を最後に女優業から遠ざかっていた新垣の近況について報道。

 記事によると、新垣はこの充電期間中、女優の仕事を続けるべきか悩んでいたものの、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の続編への出演を決断したと伝えている。

 加えて、記事では5月にキャッチしたという新垣のプライベートショットを掲載。

 頭には黒いキャスケット、首元にはブラウンのストール、耳元にはシルバーのフープピアス、そして黒いロングコートに黒いズボン、黒いスニーカーと、全体的にシックなベーシックアイテムでまとめられている印象だ。

 そんな新垣に対し、一部ファンから「ダサくない!」「マスクで顔見えないけど、これ本当にガッキー?」との声が上がっている。

新垣結衣“近影”にがっかり!? もう「私服センスが致命的」なんて言わせない!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!