6月24日、朝の情報バラエティ番組『スッキリ』(日本テレビ系)にお笑い芸人・コウメ太夫がVTR出演した。

 「クイズッス」のコーナーにて、奄美大島の海を背景にサザンオールスターズの「波乗りジョニー」が流れると、まさかのコウメ太夫が登場。「チャンチャカチャンチャン」と扇子を動かしながら登場したコウメ太夫は、夏の訪れを『スッキリ』のメンバーへ知らせてくれるという。

 コウメ太夫が「世界の中心でチクショー叫んだら〜シロップが落ちてきました〜チクショーーー!!」と早速よくわからないネタを披露すると、天の声を務める南海キャンディーズ・山里亮太は「深い!」とフォロー(?)。が、コメントに困るネタに対し、スタジオは静まり返ってしまった……。

 あまりにつまらないネタにがっかりと肩を落としている番組MCの極楽とんぼ・加藤浩次に、天の声が「加藤さん、味わってるなー」と一言。すると、加藤も天の声のノリに続き、「コウメ太夫のネタを聞くと愕然とするのよ!俺は何をやって生きてきたんだろうって」と、コウメ太夫のネタを深みのあるものと解釈し始めた。

 その後、ネタの意味を訊かれたコウメ太夫は「世界の中心なんて行けないんでしょうけど、もし行ったとしたら、甘いものがあるんじゃないかなって、愛は地球を救うというじゃないですか」と、またもや謎の説明。すると、なぜかBGMがアメリカのミステリードラマ『ツインピークス The Return』のテーマに……。

 コウメ太夫のネタをより“難解”なものに変える演出に加藤も「普遍なものと不条理なものという……、俺まだここがわかんないのよ」と明かした。すると、天の声が「それ、この曲がそうさせてんだ」と耐え切れずツッコミを入れ、スタジオは笑いの渦に包まれた。

加藤浩次「MC力に感服」! コウメ太夫を操って、不可解なネタを爆笑にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!