お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号は6月22日、公式YouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」を更新。田村淳と田村亮、2人が2019年12月に設立したコンビの新会社・株式会社LONDONBOOTSが使用する事務所の改造を行っていく動画がアップされた。

 渋谷駅徒歩5分の物件に、ロンブーの2人や芸人仲間が力を合わせてDIYで内装を工事するなど、自らの手で自分たちだけの“秘密基地”を作り上げていく様子が公開されている。前回のDIY動画では、亮がドリルなど本格的な電動工具を使って電源を備えたカウンターテーブルを製作。居心地の良い秘密基地が着々とできあがっていた。今回は淳も合流し、ゲーム実況の音が近所の迷惑にならないよう防音壁の設置や腰痛持ちの亮がゲーム中に長時間座っていても腰に負担をかけないためのゲーミングチェアを組み立てていった。

 物差しでサイズを測り正確に切断するなど、息の合った作業で次々と材料を切り揃えていく2人。2019年の亮の謹慎中にも淳が献身的なフォローをしていたことで、抜群のチームワークにさらに磨きがかかったのだろうか。ゲーミングチェアの組立でも、淳が「(亮の椅子なのに)ほぼ俺がやっとるな!」と文句を言いながらも、淳の指示に従い愚直に組立説明書を読み上げる亮を野放しにしながら、ほぼ1人で組み上げて完成させていた。

 ロンブーは、機転が利いてイジりの上手い淳とツッコミながら天然ポンコツの亮という組み合わせが魅力だ。2人で協力しながら新たな事務所をDIYする光景は、手作り感満載な様子が見る人の心を掴んでいるのかもしれない。事実、2019年の11月に開設した「ロンブーチャンネル」はすでに登録者数が40万人を突破。これは亮の再起を、多くのファンが待ち望んでいる証明でもあるだろう。

 そんなDIY動画に「改めていいコンビですね」「バラバラなようで息のあった共同作業&掛け合いおもしろかったです!」など、2人のやりとりを楽しむファンのコメントや、「本当色々あったけど良かったなあと微笑ましく見ていました」といった亮の復帰を改めて喜ぶ声が多数寄せられた。中には「TVよりYouTubeの方が亮さんの良さがわかる」と、時間や表現の制約の少ないYouTubeでこそ亮の持ち味が生きるという指摘も飛び出した。

 テレビでもお馴染みの光景になりつつあるが、淳が亮を上手く操縦して天然な言動を引き出して笑いを取る。そんなロンブーの良さが凝縮されたような動画だったのではないだろうか。これからも新たな秘密基地から、視聴者の喜ぶ笑いを生み出していってもらいたい。

ロンブー「新秘密基地」を手作り! 淳と亮のちぐはぐな連携で新事務所をDIYで充実させるのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!