6月22日の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)で、「コンビニにある商品の中から、横山裕の唇の感触に一番近いモノを選ぶ」というシュールな企画が放送された。

 この日は「Kiss」が特集され、ぽってりとしたセクシーな唇の持ち主である横山が、口の部分が抜かれた自らの顔パネルにそれぞれの商品をはめ込み、感触をチェックすることに。

 カニカマを試した横山は、村上信五から「唇に近かったら『ウェーイ』って言ってな」と求められ、商品と唇の感覚を指で触って比べながら「ちょいウェーイや」とノリノリで報告。続いてナスの浅漬け、たわしと明らかに遠そうな商品も試していく。これには随所でツッコミを入れていた村上も、「滑稽を通り越してちょっとかわいそう」「めちゃくちゃ辛いわ、同期のこの姿……」と不安を見せるように。

 商品とのキスシーンでは横山のアップが多用され、ファン的には大満足な内容かもしれないしれないが、バラエティ慣れしている村上ですら疑問を持つほど実験的な「謎企画」だったようだ。

 ちなみに、横山の唇にもっとも感触が近かったのは「みたらし団子」。「もちもちしているのは近い」と、横山も何度も団子にキスしていた。これにネット上で、「早速コンビニで買ってきました」といった声が上がっていた。

 4月より前番組をリニューアルしてスタートした『関ジャニ∞クロニクルF』は、「横山と大倉忠義がレストランでカラスを解体して食べる」といったジャニーズタレントらしからぬ攻めた内容が話題になっているが、今回の検証企画もその並びに加わりそうだ。
(文=相川ナロウ)

関ジャニ∞・横山裕の「唇」に一番近いコンビニ商品検証企画がシュールすぎる?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!