恋、冒険、家族愛… 梅雨のジメジメを吹き飛ばす、心アツくなる洋画3選の画像1

 梅雨のジメっとした空気が気だるい今日この頃。はっきりしない天気に、何だか気持ちまでモヤモヤしてしまう。今回は、そんな梅雨のジメジメも吹き飛ばすような、心アツくなる洋画3作品を紹介させていただく。

●『(500)日のサマー』/2009年公開

 ロマンチックで運命的な出会いを夢見る主人公・トム。ある日、勤務先のグリーティングカード会社に社長秘書として入社してきたサマーに、彼は一目で恋に落ちる。2人は次第に距離を縮め、真剣な交際に発展するかと思いきや……。トム目線で描かれる、サマーに恋した500日の物語。

【見どころ】
自由奔放で小悪魔的なサマーは女性から見てもかなり魅力的で、トムが翻弄されてしまうのも頷ける。サマーの可愛さやトムの恋心、ラストのユニークで洒落た展開に心アツくなること間違いなし。

●『スタンド・バイ・ミー』/1987年公開

 4人でつるんでいた12歳の少年たちは、「森で人が列車にはねられて、そのまま死体が放置されている」という噂を耳にする。死体の発見者になれば英雄になれると考えた彼らは、死体を探す旅に出る。

【見どころ】
秘密基地、汗だくで泥だらけの日々、初めて友達に悩みを打ち明けた夜……。そんな子どもの頃の思い出がフラッシュバックして、胸が熱くなる。公開から30年経った今でも色あせない、不朽の名作だ。

恋、冒険、家族愛… 梅雨のジメジメを吹き飛ばす、心アツくなる洋画3選のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!