近年では最大の“大物”となりそうだが……。

 お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、公式TwitterとYouTubeチャンネルを開設したことを発表し、ネット上に大きな衝撃が走っている。

 石橋は6月18日、自身のTwitterで「よくわからないけど、マッコイにTwitterやれって言われ開設しました。すぐ飽きちゃうかも」(原文ママ)と、テレビディレクターのマッコイ斉藤氏に促される形で開設したことを報告。翌19日には、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設している。

「いずれもマッコイ氏からのお誘いでアカウントを開設した石橋ですが、18日深夜放送のラジオ番組『木曜JUNKおぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)に突如乱入し、そこでTwitterとYouTubeを始めた経緯について明かしました。

 石橋は『俺、YouTuberになろうと思って。マッコイが、いろいろやろうということで』と説明した上で、プロ野球に例えて『来年10月で60歳。この1年で、どこまで自分の打撃ができるか』『もうユニフォームを脱ぐのか、脱がされるのか。あと1年、脱ぐのか、脱がないのか、どうなんだこのヤロウ』と、この1年間を“勝負の年”にすることを発表。仮にうまくいかなかったら『引退する』とまで述べており、その覚悟にネット上はざわついています」(芸能ライター)

 かつてお笑い界を席巻した石橋。しかし、現在のレギュラー番組はトークバラエティ番組『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)のみと、いまや“風前の灯火”状態だ。世間からは「もう賞味期限切れ」「オワコンだね」と辛辣な言葉も聞こえているが、そんな石橋が“最後の手段”として選んだのがYouTuberということか。

石橋貴明「引退」をかけた最終手段… まさかの“YouTuberデビュー”に賛否の声が続出のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!