歌手やモデルとして活躍するきゃりーぱみゅぱみゅ。そんな彼女が“変身”した姿をSNSで披露し、話題を集めている。

 6月17日、きゃりーはTwitterやInstagramを更新。「ショートカットになりました。人生で1番短いかもしれません よろしくお願いします」とコメントを添え、マスク姿ながらもショートカットにしたセルフショットを披露した。この投稿は18日現在、5万4000を超える「いいね!」が付けられるなど注目を集めている。

 この前日となる16日にきゃりーは、Twitterで「ショートにしてみたい欲が高まってきたした。暑いし(原文ママ)」と投稿。ファンから「ショートも似合うと思う」「ちょっと見てみたい」という声が集まっていた。

 有言実行を果たしたきゃりーに対し、投稿のコメント欄には「きゃりーちゃんショートカット似合う〜」「顔が小さいから何でも似合うんだね」と、ファンと思われる人々から絶賛の声が相次いでいる。

 しかし、ネット上では「なんか髪を切ると最上もがと見分けがつかない」「もがちゃんがいるからこの枠はもういらない」と、きゃりーのショートカット姿がアイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバーで、タレントの最上もがに似ているという指摘が多くあがる事態に。

 また、「目がデカすぎる」「なんでも加工すればいいってもんじゃない」「年齢を重ねると、こういう加工アプリが手放せなくなっちゃうのかな」など、セルフショットの目が大きすぎるとして、加工アプリの仕様を疑うような声も挙がっている。

きゃりーぱみゅぱみゅ“キャラ変”模索も「そろそろ限界」!? 心機一転“ショートカット”披露も「最上もが?」状態…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!