アンジャッシュ・渡部建と、六本木ヒルズの多目的トイレなどで逢瀬を重ねていた女性・B子さんの出会いについて、6月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が詳報している。

 渡部が女優の佐々木希と結婚した2017年4月以降も、不適切な関係を続けていたと報じられているB子さん。

 同誌によると、B子さんはもともと佐々木のファンだったといい、その夫である渡部から声をかけられたことに舞い上がり、深い関係になってしまったという。

 これが本当であれば、渡部の「佐々木希を射止めた男」という看板が、“不倫活動”において有利に働いていたことになるだろう。

「佐々木を憧れの存在として高く評価していたB子さんが、渡部と会うことで『あの佐々木希のことをさしおいて私と……』と優越感に浸っていたことも考えられます」(記者)

 前号の同誌は、不倫発覚後に佐々木がB子さんを電話で問い詰めたことを報じているが、今回の続報で「夫が自分のファンと不倫していた」ということを初めて把握した可能性もありそうだ。

「不倫発覚後もレギュラー番組の収録に参加するなど、仕事に穴をあけないよう懸命に頑張っている佐々木だけに、不倫相手が自分のファンだったという衝撃の報道にさらなるショックを受けないといいですね」(同)

 マスコミが渡部の裏の顔を次々と報じているが、佐々木は果たしてどんな決断を下すのだろうか……。

渡部建、トイレ不倫女性は「佐々木希のファン」!? 「文春」続報に衝撃!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!