映画『万引き家族』でその実力を世界中に認められた女優・松岡茉優。日本でも「第42回日本アカデミー賞」の優秀助演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞して話題となった。

 松岡といえば、与えられた役どころを丁寧に演じている姿が印象的だ。端役であろうとも、役の存在意義を的確に捉えて着実にこなす。今回は、そんな松岡の演技力が光る映画3作品を紹介させていただく。

●『勝手にふるえてろ』ヨシカ役/2017年公開

 24歳にして恋愛経験0のOL・ヨシカ。彼女は中学の同級生「イチ」に、10年以上の片思いしていた。そんなある日同期の「二」に人生で初めての告白をされ舞い上がるも、「イチ」のことを諦めきれず、恋愛初心者のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と思い悩んでしまうのであった。

【見どころ】
ぶっ飛んでいるけど、ヨシカには不思議とどこか共感できる部分がある。彼女のように妄想の中で生きる女子って、現実にも結構いるのかもしれない。松岡が演じるヨシカはとても魅力的で、ボソボソ喋っているかと思えば、発狂してマシンガントークをかますなど、くるくる変わる表情と性格が愉快だ。

松岡茉優はどんな役も丁寧に演じ切る… 『万引き家族』だけじゃない、演技力が光る映画3作品のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!