芸能プロダクション・グレープカンパニーは6月16日、YouTubeチャンネル「【公式】グレープカンパニーチャンネル」を更新。事務所所属のお笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが、黙々と天丼を食べる動画を公開した。

 冒頭から「天丼を食べるの?」「なんなの?」と伊達がいぶかしがるように、およそ4分間ただただ食べ続ける姿を見せ続けるだけの動画だ。5月29日にもカツ丼を食べる動画を公開しており、今回はその第2弾となった。前回動画で伊達から、この動画は相方の富澤たけしの指示だと明かされているが、今回はその富澤は別室で待機しているようだ。

 単に食べるだけではお笑い芸人の血が許さないのか、食べながらも間に細かい笑いを仕込んでくる伊達。「いただきます」と手を合わせてインド風の動きをしてみたり、ホタテの天ぷらを発見し「ホタテだホタテ!」と自らの人気コント・ハンバーガーショップのネタを挟んだりと、全力で動画を盛り上げようと奮闘する姿がコミカルだ。

 だが、どう頑張っても食べる以上のことができないのがこの企画。伊達自身も「どういうつもり?」と企画自体に疑問を呈し、「なんであんなに見るの?カツ丼食ってるところ」と、前回動画が70万回以上再生されていることを不思議がった。動画の最後には「もうやめよう、これ」と心からの抗議の声を上げていた。

 だが近年は、咀嚼音やささやき声を耳元で楽しむASMRと呼ばれるジャンルが流行中だ。YouTubeでも多くの動画が投稿されるなど、高い注目度と人気を誇っている。

 伊達の食べるだけ動画も、広い意味ではASMRの一種と捉えることができるだろう。ビデオリサーチが4月に発表した「テレビタレントイメージ調査」で男性部門で1位を獲得するなど、好感度の高い芸人としても知られるサンドウィッチマン。その人物がリアルに美味そうに食べる姿を視覚と聴覚で楽しむ。今回の動画も投稿から1日足らずですでに19万再生を突破しているが、人気芸人とASMRという“豪華コラボ”という点も人気を博している理由の1つかもしれない。

サンドウィッチマン・伊達みきお「新手のASMR」… 食べるだけの動画大ヒットに伊達本人も困惑のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!