お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が、6月11日発売の週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)によって、複数の女性と不倫関係にあったことが報じられ、その直前に活動自粛を発表。

 これを受けて、6月13日放送の情報番組『王様のブランチ』(TBS系)の冒頭で、MCを務めるタレントの佐藤栞里が泣きながら謝罪する場面があり、「栞里ちゃんを泣かせやがって!」「ふざけんな!」と、渡部に対するファンの怒りを買うことになった。

「しゃべり始めは平静だった佐藤ですが、“渡部ショック”によって視聴者の心証を悪くしてしまったことを心苦しく思ったのか、途中から泣き出してしまいました。

これを傍らで見ていたオリエンタルラジオの藤森慎吾が、『栞里ちゃんにこんな顔させんじゃねーぞ、本当に!』とカメラ目線で憤りましたが、佐藤ファンも同じ想いだったことでしょう。

妻で女優の佐々木希だけでなく、相方の児嶋一哉、佐藤ら共演者に迷惑をかけておきながら、自身はさっさと雲隠れした渡部に対し批判の声は増すばかりのようです」(芸能関係者)

 ファンを心配させてしまった佐藤だが、日をまたいでの深夜、この日から新たに放送スタートしたラジオ番組『佐藤栞里のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の冒頭では、得意の“下ネタ発言”が飛び出すなど、いつも通りの明るいキャラクターでリスナーを安堵させることになった。

佐藤栞里“渡部ショック”で号泣も… 深夜の“ド下ネタ発言”でファン安堵のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!