Hey!Say!JUMPの山田涼介が今夏スタート予定の新ドラマ『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』にて、TBS連続ドラマ初主演を務めることが発表された。また異母兄弟役で田中圭が出演することも決定し、話題を呼んでいる。

 ドラマの原作は作家・横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」で、山田は正義感の強いキャリア刑事・神崎隆一、田中は神崎の異母兄弟である破天荒なキレ者刑事・黒木賢司を演じる。

 ふたりの共演は今回が初めてということで、山田は「(田中に)可愛がってもらえるように懐に入っていけたらいいなと思っています」とコメントするなど、やる気を見せた。

「人気の刑事バディもの、原作者の横関氏は深田恭子さん主演で評判の良かったドラマ『ルパンの娘』の作者でもあるなど、かなり気合の入ったドラマであることが伝わってきます。とはいえ、不安要素もないわけではない。主演の山田さんが数字を持っていないという説があるのです」と語るのは、とある芸能事務所関係者。

 山田といえば、2016年の月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)は全話平均視聴率が8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と大コケ。18年の『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ系)も全話平均が9.8%と二桁いかず。19年の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系)も全話平均が3.6%と、この時間帯のワーストを更新する不名誉な記録を作ってしまった過去がある。

 また、もう1つの懸念点と言われているのが相棒・田中の忙しさだ。

山田涼介、TBS初主演ドラマ決定も「懸念要素」だらけ! “低視聴率ジャニーズNo.1”となるかのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!