YouTuberでお笑いタレントのフワちゃんが先日Twitterで引っ越しせざるえなくなったことを報告した。

 自宅からのテレビ出演が激増したことで弊害が発生。「リモート収録で声張りすぎて右からも左からも下からも苦情来たので引っ越しました」とつぶやき、持ち前のハイテンションがアダとなったと明かした。

 そんなフワちゃんだが、確かに、さまざまなバラエティ番組にリモートで出演し、引っ張りダコとなっている。なぜここまで、リモート出演需要があるのだろうか。その秘密をテレビ局の制作スタッフがこう解き明かす。

「自宅でリモート出演する時はスタイリストやヘアメークはいらないと言ってきてくれるので、ありがたがられていますよ。またYouTuberをやっているだけあって、カメラのセットやネット環境のチェック、リハーサルの準備まで、すべての裏方仕事をスムーズにやってくれるので、わざわざスタッフがフワちゃんの家に行く必要がないんですよ。制作側としては労力の削減になり、旬なタレントの中では、ダントツで実用的で使いやすいといった面があると思います」

 また、スタジオに来ないこともプラスになっているようだ。テレビ番組では時折、意味不明な絡みで他の芸人や出演者を困らせることも多く、スタッフもヒヤヒヤさせられることがあるフワちゃんだが、その弱点もリモート出演によって少しは抑えられているという。

「芸能事務所に所属していないことも使いやすい要因になっています。ギャラが安く抑えられていて本人の意思で自由に仕事ができるのでNGがほとんどなく、なんでもやってくれることで重宝されています」(同)

 明るい性格で暗くなりがちな自粛生活を明るく照らし出しているフワちゃん。5月にはファンブック『フワちゃん完全攻略本 2020』(宝島社)を上梓し、こちらの売上も好調。ますます活躍の場を広げるフワちゃんから目が離せない。

フワちゃん、リモート収録に引っ張りダコのワケ「ネット環境に詳しく、他のタレントとの絡み加減も適度」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!