複数女性との不倫スキャンダルにより芸能活動を自粛したアンジャッシュ・渡部建がMCを務めていた情報番組『王様のブランチ』(TBS系)が6月13日に生放送された。

 スタジオには当然渡部の姿はなく、女性MCの佐藤栞里、オリエンタルラジオ・藤森慎吾、女優の山本舞香のみが出演。冒頭でTBSの山形純菜アナが渡部の同番組への出演見合わせを報告すると、やや重い雰囲気で番組がスタートした。

 山形アナの報告を受ける形で登場した佐藤は「おはようございます」と元気にあいさつしたが、「今回からこのようなメンバーでお送りすることになってしまいましたが……」と次第に涙声に。

 だが、周囲の応援にも励まれると持ち直し、時折声をつまらせながらも「テレビのご覧の皆さんが笑顔になれる番組にしたいと思っています!」と決意を述べた。

 この佐藤の振る舞いに対し、ネットでは「がんばれ栞里ちゃん」「栞里ちゃん泣かすなよ」「性格の良さが滲みでている」と、同情の声が多く上がっている。共演者のスキャンダルに対して気丈に振る舞う姿に共感した視聴者が多かったようだ。

「本人とは無関係にもかかわらず涙を浮かべて謝罪する姿が健気で、見ているこちらまで思わず涙目になるほどでした。

藤森慎吾、渡部建を罵倒も自身の「黒歴史」が再燃! “浮気・中絶騒動”蒸し返されブーイングも…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!