ギャル系モデルの「ゆきぽよ」こと木村有希が、アンジャッシュ・渡部健と関係を持った不倫相手の女性たちに向けて「被害者ヅラしてんじゃねーよ」などと言い放ち、ネット上で共感の声が殺到する事態となっている。

 ゆきぽよは、14日に放送された情報バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。複数の女性と不倫したことで無期限の活動休止となった渡部の騒動についてコメントした。

 ゆきぽよは「渡部さんも悪いことをしたし、ゆきも(渡部に)怒ってるんだけど」と前置きしたうえで、騒動の発端となった週刊誌記事について「不倫相手の女性が被害者ヅラしてるじゃないですか?」と不快感を吐露。

 渡部の妻・佐々木希の立場に共感しながら、「不倫相手の女性も奥さんがいるってことを知ってて関係を何度も持ってたんだから、奥さんからしたら、あなたも被害者ヅラしてんじゃねーよって思う」などと強い憤りをにじませた。

 これにネット上では「ど正論!」「共感しかない」「ゆきぽよはズバッと正論言う」「モヤモヤが晴れた」「意外とギャルは筋が通っている」などと称賛の声が続出している。

「ワイドショーなどでは渡部を厳しく批判する一方、不倫女性たちについてはどこか奥歯にものが挟まったような物言いしかできないコメンテーターばかりでした。そんな中、倫理的にも法的にも唯一の被害者といえる佐々木の気持ちを思いやり、ズバリと言ってのけたゆきぽよの鋭いコメントは別格のキレ味を発揮しています」(芸能ライター)

ゆきぽよ、渡部の不倫相手に「被害者ヅラしてんじゃねーよ」と苦言! 別格の共感力で“物言うギャル”の地位確立のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!