嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)が6月11日に放送された。

 この日も出演者がそれぞれ別室から出演するリモート収録が行われたが、実施されたゲームは久々のチーム戦。対戦相手には、お笑いタレントの今田耕司率いる「今田軍団」で、プラスワンゲストには女優の芦田愛菜が登場した。

 久しぶりのチーム戦で盛り上がっていたが、一部のファンから「誰かを下げて笑い取るのもうやめてほしい」「見ててモヤモヤした」「メンバーは大野くんに何を言っても傷つかない人だと思っているのかな」という声が集まってしまう一幕があった。それがラストゲームとして行われた「スマホ早打ちしりとり」第2戦だった。

 「スマホ早打ちしりとり」は、出演者がそれぞれスマホを持ち、お題に合わせて前の人の語尾を繋いでしりとりをしていくというゲーム。第2戦では「リーダーのいいところ」がテーマとなり、嵐チームは大野智のいいところ、今田軍団は今田耕司のいいところを挙げることになった。

「男前」から始まったこのテーマで、嵐チームではまず相葉雅紀が「絵が上手い」、松本潤が「いつも変わらない」、櫻井翔が「家の過ごし方が上手い」、芦田愛菜が「いつも優しい」、大野智が「嫌なこと言わない」、二宮和也が「意外に決断力ある」ときれいに繋ぎ、見事嵐チームの勝利となった。

 その後、嵐メンバーは自身が発したワードについて解説していったが――。

嵐、大野智の“いいところ”挙げるはずがまさかの「下げ発言」連発… 大野ファンは「モヤモヤ」「やめて」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!