6月11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)のグラビアに登場した、女優の小芝風花。最近はコンスタントにドラマ出演も果たし、徐々に存在感を増している印象だ。

 現在放送中『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)では、中村倫也演じる主人公の助手役を演じている。10代から芸能界で活動し、映画『魔女の宅急便』主演など、所属するオスカープロモーションからもプッシュされてきた。なかなかブレイクとまではいかなかったが、『あさが来た』(NHK)出演で再注目され、その後、多くのドラマ等に出演し、女優としてのキャリアを着実に積んでいる。

 オスカープロモーションの業界向けの広報紙で表紙を飾ったことでもわかる通り、同事務所の「次期エース」といわれている小芝。米倉涼子が独立し、上戸彩や武井咲は子育てのため、仕事をセーブしている状態。エース候補だった剛力彩芽に至っては承知の通りで、所属タレントが“いろいろある”事務所だけに、小芝への期待は余計大きいのだろう。

 ちなみに小芝は今回、グラビア出演した「文春」で、自身の恋愛について語っている。

 小芝は出演中『明智五郎』で助手役を演じ、中村演じる主人公とは「年齢は離れていても、アリかナシかでいうとアリだが、まだ恋愛じゃない」というポジションだ。本人いわく、そんな役どころに「共感」するところもあるようだ。

「小芝さんは取材に『自分も恋愛は年上のほうがいい』とのことで『自分に経験がないので、引っ張ってくれる、頼りになる人がいい』と回答しています。オスカーは、25歳まで恋愛禁止というのがよくいわれるところ。小芝さんは23歳。あと2年は、ファンに夢を見させてくれるということでしょうか。それに『経験がない』なんて発言だけで、ファンとしてありがたいですよね(笑)」(芸能ライター)

 人材流出が激しいオスカーの希望の星。小芝が事務所の思惑通りに出世していくのか注目である。

小芝風花「経験がないので」発言にファン安堵… オスカー期待の星は恋愛禁止中!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!