6月11日、朝の情報バラエティ番組『スッキリ』(日本テレビ系)に、俳優の小澤征悦が出演。圧倒的な歌唱力を見せつけ、視聴者から熱い視線を注がれることとなった。

 MCの極楽とんぼ・加藤浩次、ハリセンボン・近藤春菜、水卜麻美アナ、森圭介アナの4人がバンドを結成し、エレファントカシマシの名曲「悲しみの果て」を演奏する人気企画「バンドやろうぜ」。前回放送では、加藤がギターボーカルを務めるかと思いきや、ギターの演奏に手一杯だということが発覚したため、今回の放送ではバンドのボーカルを決めるオーディションが開催された。

 オーディションには、番組出演者の中から17人の候補者が集まった。女優・榊原郁恵や、近藤サトアナウンサーなど豪華でユニークな顔ぶれであり、スタジオメンバーも驚きの声を上げていた。

 これらの候補者が「悲しみの果て」を歌った動画が流れると、そこには世界的指揮者・小澤征爾の息子である小澤の姿も……。ここでは1小節のみの歌唱だったが、小澤の歌声を聴いた春菜は「いい」と思わず唸り、水卜アナも「かっこいい」と口にしていた。

 その後、番組スタッフにより、突如一次審査が行われ、17人の候補者は8人に絞られる事態に……。小澤が一次審査を突破すると、スタジオからは大きな歓声と拍手が起こり、加藤は「結構パンチある歌声でしたよね」と評価していた。

 4人ずつの2つのブロックに分けられた候補者に対し、各ブロックごとで視聴者による投票が行われた。

 Bブロックのオーデイション動画が流れると、小澤は「おざわゆきよし トムカンパニー」と名前と所属事務所の書かれた紙を持って登場。「4人の足を引っ張らないように頑張りたいと思います」と自己紹介すると、スタジオは笑いの渦に包まれた。しかし、小澤がいざテレビリモコンをマイクに見立てながら、今度は冒頭から数小節をしっかり歌い始めると、水卜アナは「うま〜い」と大きく口を開けて大絶賛。他のメンバーも「いいでしょ」「すごい」と小澤のパワフルで渋い歌声に感動していた。

小澤征悦「そんな才能まで」!? やはり“世界の小澤”の息子! 『スッキリ』バンド企画でボーカルに決定のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!