歌手の氷川きよしが本日6月5日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語カバーを披露するという。

 氷川にとって、同番組への出演は実に14年ぶり。2003年に中村玉緒とのデュエット「TAMAO&KIYOSHI」として、06年にKIYOSHI名義で出演しているが、氷川きよし名義では初となる。

 今回の出演にあたり、氷川はマスコミ向けに「ようやくそのときが来たかという感じで、夢が叶ってうれしくて体が震えています」というコメントを寄せている。

「氷川にとって初の洋楽カバーとなる『ボヘミアン・ラプソディ』は、バラード、オペラ、ロック、そしてバラードという構成の難曲。和訳を担当した大御所音楽評論家・湯川れい子氏は、氷川から『この曲をカバーしたい』との相談を受け、クイーン側の許諾を懸命に取り付けたといいます。歌唱中の氷川は歌の主人公が憑依しているかのように目が飛んでおり、『ママミヤ』(原曲歌詞は「Mama mia」)という独特な歌詞を連発するシーンは必見です」(記者)

 昨年末のコンサートで同カバーを初披露した氷川だが、テレビでは2月のNHK『うたコン』で初披露。ブルーのフリフリ衣装に身を包み、「ママ 殺しちゃった 銃口向けたら 男は死んだ」「ママ ooh 死にたくない 生まれてこなきゃ 良かった」などといった衝撃的な日本語歌詞を、圧倒的な歌唱力で歌い上げた。

「『うたコン』放送後、ネット上では『感動した』『鳥肌立った』『初めて歌詞の意味がわかった』と称賛の声が殺到しましたが、『Mステ』はさらなる反響が期待できるかもしれません。この日はジャニーズWESTや北村匠海(DISH//)が共演しますから、原曲を知らない若い視聴者も多そうです」(同)

氷川きよし、本日『Mステ』でクイーンカバー披露! 「ママ殺しちゃった」“すごい直訳”歌詞に賛否両論のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!