櫻井翔、『VS嵐』でまさかのミス! ファンからは「やばすぎる」「一人舞台」の猛ツッコミ

編集部

 6月4日放送に嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)が放送された。この日も嵐メンバーが別室から出演して行われるリモートでの「嵐-1グランプリ」が開催に。中でも、もっとも話題なった対決は「ダンス時計GP」だった。

 嵐メンバーが全員参加して行われる「ダンス時計GP」。嵐の曲をしばらく流したあと、途中から音楽をオフに。音楽がない状態でメンバーが自分の体内時計を信じて踊るというゲームで、最終的に曲の時間に合わせて、正しく踊り終えたメンバーの勝利となる。この日は『Happiness』で行われることとなった。

 前々回は相葉雅紀、前回は大野智が優勝。一方、松本潤は2回連続ビリとなっていたが――。

 まず確認のためにフルで曲が流れた参考VTRでは、原曲とは長さが違うテレビ用の変則的なバージョンが流れ、不安を吐露するメンバーも。そのひとりが2回連続ビリの松本。しかし、「最後の(ポーズ)決まるところが合うかってことね」と指摘するなど入念な確認も行い、「OK! 完璧!」と意気込むことに。

 一方、前回王者の大野は「あの時しかやってないから無音になったときが怖い」と、このバージョンでのダンスの経験の浅さから不安を吐露し、前々回王者の相葉も「1回見失ったら絶対戻れない」と話し、ビリの松本が自信満々、王者のふたりが不安になるという逆転現象が起きていた。

 しかし、この日は松本がいい意味で予想を裏切る形に。そして、悪い意味で目立ったのが櫻井翔。ネット上の視聴者からは櫻井に対し、「やばすぎる」「笑った」「櫻井くんまさかの一人舞台」といったイジる声が多く聞かれた。

櫻井翔、『VS嵐』でまさかのミス! ファンからは「やばすぎる」「一人舞台」の猛ツッコミのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!