元SMAPの木村拓哉(47)が、コロナ禍で延期になっていた主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の撮影再開を報告。その際の自撮りショットが掲示板サイトで「【悲報】キムタクさん、萎びたおじいちゃんになる」といったタイトルで拡散されてしまったが、これに意外な反応が起きている。

 木村は2日付の投稿で「明日からは、現場にて撮影再開!色々と気を付けなければいけない事も多いと思いますが、スタッフ共演者の皆んなと、力を合わせて少しずつでもカットを積み重ねたいと思ってます!!」と報告。続けて「今日で暫くはトレーニングはお休みになってしまいそうなので……、ちょいと追い込みます!!」と記し、眉間にしわを寄せたカメラ目線の自撮りショットを公開した。

 これが一部の掲示板サイトで「萎びたおじいちゃん」と形容されてしまったのだ。

 いわゆる「劣化ネタ」として扱われるかと思われたが、ほかの掲示板ユーザーたちの反応は意外なものだった。

 「47歳でこれって十分カッコええわ」「どう見てもイケおじ」「世間一般の47歳のオッサンと比べたら奇跡だろ」「むしろ若すぎ。もっと渋くなってほしい」といった好意的なコメントが続出し、すぐに「劣化説」を吹き飛ばしてしまったのだ。

 また、木村というとネット上で叩かれがちなイメージがあったが、それも印象が変わってきたようで「娘ふたりが可愛すぎて最近キムタクも好きになった」「これだけイケメンなのに不倫スキャンダルまったくないから偉い」といった意見が寄せられている。

木村拓哉「萎びたおじいちゃん化」と拡散も… 好意的なコメント続出で劣化説が消滅のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!