5月5日にニュースサイト「AERA dot.」に自身の薬物疑惑を報じられた際、同日に『そして、こういうの本当に営業妨害だからそろそろ法的な措置するかんがえでいます!(原文ママ)』とTwitterに投稿し反論。その後、「AERA dot.」が14日に謝罪記事を出したことで話題となったダレノガレ明美が、自らその潔白を証明し、話題を呼んでいる。

 ダレノガレは31日に放送された情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。薬物使用についての疑惑を晴らすために受けた毛髪検査の結果を報告した。

 番組中では、検査結果が書かれた鑑定書を、番組MCの爆笑問題・田中裕二が読み上げる形で発表。田中がさんざんタメを作り、「なんですか、やってないですよ」と言いながらも不安な表情を見せたダレノガレだったが、結果はコカイン、オピオイド、フェンシクリジン、アンフェタミン(覚せい剤)、マリファナ(大麻)の5項目ですべて陰性だった。

 この結果を受けて、田中や爆笑問題・太田光が「よかったね」と声をかけると、安堵した表情を見せながらも、「当たり前なんです」と胸を張って回答。薬物疑惑報道が虚偽であることを証明した。

 この件について、ネット上では「これぞリアリティーショー」「いいもの見れたわ」と、自ら薬物疑惑を払拭するべく検査を受けたダレノガレに対して、賛辞を送るような声が多く挙がっている。

 しかし、一方で、証明書に書かれていた名前が芸名通りのダレノガレ明美であったことから、「ダレノガレって本名なの!?」「福住・ダイアナ・明美・ダレノガレが本名だったはず。こう言う機関の鑑定書って、ちゃんと本名で書くものだと思ってたけど」と、そのことに対する違和感を抱くという声も少なくない。

ダレノガレ明美、薬物鑑定書の「名前」にネット驚愕! 潔白証明するも“新たな謎”が!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!