ジャニーズのアイドルグループ・Snow Manが主演を務める映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が、年内に全国公開されることがわかった。Snow Manにとって本作が初の映画単独主演、またジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長が映画監督に初挑戦する。

 もともと同作は故・ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、滝沢が現役時代に主演を務めていた人気舞台。昨年からは、タレントを引退した滝沢が演出を担当、Snow Man出演で『滝沢歌舞伎ZERO』として生まれ変わって上演されている。

「舞台『滝沢歌舞伎ZERO』は今年も7月~8月に上演予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から公演を見合わせることになりました。

しかし、ジャニーズ事務所と松竹は『こんな時だからこそ皆さまに笑顔を届けたい』と、まだ見たことのないファンも含めて多くの人たちに楽しんでもらうべく、舞台と映画をフュージョンさせた新プロジェクトを始動させたそうです。

待ち望んでいたファンからは、『舞台中止は残念だけど、映画化おめでとう!』『スノくん主演! わー! おめでとうございます! なまら楽しみ!』と歓喜の声が上がっています」(芸能ライター)

 早くも話題の本作だが、公開されたビジュアル写真には、1人少ない8人のメンバーしか写っていない。つまり、現在活動自粛中のリーダー・岩本照の姿がないのだ。そのため、SNS上には「岩本照も出るって信じて、楽しみにしてる」「ひーくんのいない滝沢歌舞伎は成立しないって思ってます」などといったコメントが寄せられている。

岩本照、電撃復帰もあり得る!? 映画『滝沢歌舞伎』Snow Man主演決定でファンの期待高まる!のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!