5月27日、朝の情報バラエティ番組『スッキリ』(日本テレビ系)にて、「3DAYS 家庭で作れるミシュランの味」の2回目が放送された。同コーナーでは、自粛生活で急増した自炊に飽きている視聴者に、ミュシュランシェフたちが家庭で作れる絶品メニューを紹介していく。

 今回は、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜がフレンチレストラン「sio」鳥羽周作シェフの教えのもと、絶品ステーキ作りに挑戦した。VTR冒頭、春菜がキッチンスタジオに入ろうとすると、数種類のエプロンと「好きなエプロンを選んでください」と張り紙が……。以前の放送で日本テレビアナウンサー・水卜麻美をベタ褒めしていた鳥羽シェフに喜んでほしい思いがある春奈は、「かわいらしいのつけましょう」と、ウキウキで白のエプロンを選択した。

 しかし、春奈がいざエプロンを着始めると「これ、こんなちっちゃい!?」「何これ!?」と驚くほどサイズが合わない。何度も全身鏡を確認する春菜だが、やはり身体に対して異様に小さいエプロン姿を見て「はみ出し春菜じゃないこんなの」とたまらずセルフツッコミ。スタジオは笑いの渦に包まれた。

 春菜がキッチンスタジオに入ると、リモートで出演している鳥羽シェフは「エプロンが今日すげ〜かわいいっすね!」と絶賛。すかさず春菜も「ちょっと鳥羽さん! すばらしいですね!」と満面の笑みを浮かべた。その後、鳥羽シェフが「今日料理が中華じゃないんですよ」と告げると、春菜からは「角野卓三じゃねーよ!」と定番の掛け合いが生じた。

 そんなエプロン姿の春菜に対し、ネットでは「いや、もうそれステラおばさんじゃん(笑)」「ステラおばさん感半端ない」と総ツッコミの声が多数上がっていた。その後も、鳥羽シェフのアドバイスを受けながら順調にステーキを作っていく春菜だが、「ステラおばさんが肉焼いてる」「ステラおばさん、こんな感じでクッキー作るのね」と、ネットは終始盛り上がっていた。

 完成したステーキを食べた春菜は「めちゃくちゃおいしい!!」「これはやばい」と思わず嬉しい悲鳴。食べ終わり、改めて「ブラボー」と拍手した春菜に、鳥羽シェフは「それって映画のスタンディングオベーションじゃないですよね?」と聞くと、「マイケル・ムーア監督じゃねーよ」と返し、しっかりコーナーを締めた。

 春菜といえば、4月24日に放送された同番組で体調不良のために大事を取り、欠席したことが記憶に新しい。その後、復帰したものの、「前より痩せている」と心配する声が上がっていた。しかし、今回の放送では通常通りの春菜を見ることができた。ファンも一安心だろう。

ハリセンボン・近藤春菜「完璧なるステラおばさん化」!? 『スッキリ』でのエプロン姿がすさまじいのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!