映画やドラマに多数出演し、男女ともに幅広い年齢層から人気を集める女優・石原さとみ。コミカルな役からシリアスな役まで幅広くこなし、主演ドラマが放送される度に話題を呼んでいる。数々の名作に出演してきた彼女だが、役によっては賛否両論があるのも事実。今ひとつな役もあれば、「石原のための役なのでは」と思うほどの“ハマり役”もある。

 そこで今回は、編集部の独断と偏見で選んだ、石原のハマり役ドラマ3選を紹介させていただく。

●『地味にスゴイ!校閲ガール』(日本テレビ系)/2016年放送

 石原演じる“コーエツ”こと河野悦子は、ファッション誌の編集者を目指して同じ出版社の面接を7回も受けるパワフルな女性。やっとの思いで入社するも、念願の編集者ではなく、地味で地道な校閲の仕事をすることに。初めはやる気が起きなかった彼女だが、仕事をするうちにだんだんとやりがいを感じ、校閲の仕事に打ち込むようになる。

【おすすめポイント】
周りが呆れるほどにまっすぐで純粋、そして破天荒な役がよくハマっていた。純粋な故に、誰に対してもフラットな姿勢を貫く彼女に、憧れを抱いた視聴者も多かっただろう。また、注目すべきはおしゃれ大好きなコーエツのファッション。彼女が着用していたスカーフやダルメシアン柄スカートは女性の間で流行し、「石原さとみ効果」を巻き起こした。

●『アンナチュラル』(TBS系)/2018年放送

 設立して2年弱の「不自然死究明研究所」を舞台に繰り広げられる、法医学ミステリー。石原演じる法医解剖医・三澄ミコトが、ベテラン法医解剖医の中堂系、臨床検査技師の東海林夕子らと協力しながら“不自然な死”を解明していく。

【おすすめポイント】
同作品で石原は「東京ドラマアウォード2018」の個人賞・主演女優賞を受賞。これまで可愛らしい役を演じることが多かった彼女が、冷静で芯の強い女性を演じ、新境地を切り拓いたとして話題になった。

石原さとみの“ハマり役”がすごすぎる! 『アンナチュラル』ほか好評だった主演ドラマ3選のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!