かつては炎上クイーンと呼ばれていたタレントの神田うの(45)が、「料理上手」「いい奥さん」としてネット上で評判になっている。YouTubeやInstagramで「主婦力」の高さを見せつけたことでイメージを一変させたようだ。

 うのは自身のInstagramに、手作りの朝食やランチの写真などを掲載。いずれも手の込んだ料理ばかりで、特に和食は「旅館みたいな朝食」などと話題を呼んでいる。

 自身のYouTubeチャンネル「うのちゃんネル」では、その腕前を実際に披露。テキパキと「ミートソースパスタ」を作りながら、同じ材料から子ども用の「キーマカレー」を作り分けるという、料理上手ぶりを発揮している。

 さらに、途中で時短のための便利グッズを紹介したり、パスタが茹で上がると「オリーブオイルをかけておくと別の作業をしていてもくっつかない」といったウラ技を教えたりと、忙しいママたちにとって役立つ情報も満載だ。

 ネット上では「昔のイケイケ時代のうのちゃんからは想像できない!」「食材を無駄にしないように上手く活用しているのが伝わります」「手際がよくて、しっかりママやってるんだなぁと感心しました」「うのさんと辻(希美)ちゃんて、めちゃ成長されたよね」などと好意的な意見が続出している。

「昔の印象が残っていることや大手パチンコグループ社長とセレブ婚をしたことなどで『家事なんてしてなさそう』というイメージがあるだけに、そのギャップ感が好感度につながっているようです。和朝食の汁ものやおひたしは前日の深夜3時ごろに作っておいてから寝るそうで、朝早いであろう子どもの世話などもあることを考えると相当なハードスケジュール。良き妻、良き母としての顔をのぞかせたことで、ネット上でも見る目が変わってきているようです」(芸能ライター)

 料理の手際の良さは付け焼き刃で身につけられるものではないだけに、テキパキと調理していくうのの姿は好感が持てる。最近もたびたび発言が炎上しているうのだが、料理上手な一面をもっとアピールしていけば芸能界を代表する主婦タレントになることもできそうだ。

神田うの、驚きの「主婦力」の高さでイメージ一変!? 炎上キャラ返上なるかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!