最近は料理をする男性も増えてきて、「料理男子」なんて言葉も一般化されているが、芸能界でも同様で、一見外食しかしなさそうなイケメン俳優が、自分でつくった料理を自身のインスタグラムにアップする機会も増えている印象だ。

 その先駆者的は俳優が、速水もこみち。2011年4月から『ZIP!』(日本テレビ系)で料理コーナー「MOCO’Sキッチン」を開始し、オリーブオイルを使う料理を多数披露する姿が話題に。19年に同コーナーが終了するも、その後YouTubeチャンネル『M’s TABLE by Mocomichi Hayami』が開設され、現在チャンネル登録者数29万人だ。

 もこみちは、比較的脂っこい料理がお得意のようだが、和洋にとらわれない独創性のある料理を多数披露している。『M’s TABLE by Mocomichi Hayami』のオススメ動画は「#37 タコの和風カルパッチョ」と「#10 カボチャとパンチェッタのニョッキ」。昨年タレントの平山あやと結婚したが、愛妻にも料理を披露しているに違いない。

 それに続く、“イケメン料理男子”枠には水嶋ヒロが入るだろう。小説も書ける多才ぶりだが、最近はYouTubeで披露している料理の腕前に注目が集まっている。

 水島が作るのは、速水と比べるとかなり庶民的な料理が中心。「とんかつ」「オムレツ」「味噌汁」など誰もが作れる料理を「イケメンな動画」で紹介。なんともカオスでクスっと笑ってしまうが、これはこれでクセになる。YouTubeチャンネル登録者数は22.8万人。妻は歌手の絢香で、子どもは2人。ルックスがまったく一般人ではないが、今や「庶民的なパパ」として、家族を支えているようだ。

 もうひとりの注目株といえば、三浦春馬。ドラマに映画にミュージカルに歌手に、と精力的に活動しているイケメンかつ独身貴族だが、だからこそなのか、料理の腕前も確かのようだ。さすがモテ男は違う……。

水嶋ヒロ、三浦春馬… 速水もこみちに続く「料理好き俳優」増加中! イケメンたちが社会を変えるのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!