5月20日付『文春オンライン』(文藝春秋)が報じた山田孝之、新田真剣佑、Niki(丹羽仁希)ら御一行による“コロナ禍沖縄旅行”。世間の関心が高いこともあり、多くのマスコミによる“後追い報道”が続いている。

 そんななか、ネットニュース「女性自身」(光文社)も同日、「新田真剣佑に非難相次ぐ訳…主演舞台中止のなか沖縄旅行へ」と題した後追い記事を配信。

 主に、ネット上では真剣佑に対し厳しい声が上がっていることを伝える内容だが、なぜか記事中にNikiの名前が一度も出てこない。

「Nikiは『女性自身』の版元である光文社の女性ファッション誌『JJ』の看板モデルを務めていますから、スルーせざるを得ないようです。光文社が発行するもうひとつの週刊誌『FLASH』も同様でしょうね。ゴシップ誌を扱う出版社では珍しくないことですが、記事に不自然さが漂ってしまうため、苦しい状況といえそう」(同)

 Nikiはこの日、自身のTwitterで「緊急事態宣言の中、私の軽率な行動により関係各所の皆様に多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。またファンの皆様並びに多くの方々に不快な思いをさせてしまいました事、心から反省しお詫びいたします」と謝罪。

 しかし、「JJ」の公式SNSには、「常識もモラルもない人が表紙の本なんて買わない。見たくもない」「絶対買わない雑誌になりました」「嫌悪感しかない。何がお家じかんだよ。読者を馬鹿にしすぎてる」「JJは常識と想像力に欠ける外見だけが良い人間を使う雑誌なんですね」「Nikiの降板を望みます。あざとく生きる、、、ふざけんなです」(全て原文ママ)といった批判が殺到している。

Niki表紙「JJ」に「不買宣言」続出! 恋愛論に「沖縄に“分母”増やしに行ったんか」と揶揄のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!