NHKの“朝の顔”として活躍中の近江友里恵アナウンサーが、昨年春に結婚していたことを5月20日付「デイリー新潮」が報じている。

 記事によれば、お相手の男性は15歳年上のNHK局員。現在は仙台放送局に勤めるプロデューサーだといい、近江アナとは福岡放送局での勤務時代に知り合ったという。

 年の差婚となったものの、めでたくゴールインを迎えたと思われる近江アナ。この報道を受け、ネット上では「これからも楽しい番組を作って下さい」「事実なら、本当におめでとうございます」と、早くも祝福ムードが広がっているが、近江アナ自身はいまだに結婚を正式発表していない。そのため、「これは、隠してたってこと?」「アイドルじゃあるまいし、なぜ隠す?」「局の意志なのでは?」など、疑問の声も上がっている状況だ。

 「詳細は、『デイリー新潮』や21日発売の『週刊新潮』(新潮社)で確認できますが、お相手の男性プロデューサーには、親密な関係を築いている部下の女性がいるそうで、その女性の体調面をケアするため、自宅に送り迎えすることなどもあったそうです。そのことは、近江アナにも伝えていたとのこと。

 ただ、男性は妻が近江アナであることを、今月まで女性に伝えていなかったといい、また同誌の取材に対して『いまだに近江家に認めてもらっていない』『親御さんに会えていない』といった旨を述べたそう。その原因について、近江アナとの“年齢差”を挙げています。女性部下との交流関係はまだいいとして、相手方の両親と会ってすらないとしたら、なにか複雑な事情を抱えていても不思議ではなさそうです。今後、このあたりを詮索するメディアも出てくるのではないでしょうか。おめでたいはずのニュースが、なにやら雲行きが怪しい感じもします」(芸能ライター)

 近江アナは結婚に関して現在も口を閉ざしており、「デイリー新潮」の報道直後に放送された、20日のレギュラー番組『あさイチ』でも一切言及せず。共演する博多華丸・大吉もこのことに触れることはなかった。

 “NHKのエース”とも称され、主婦層からの支持も高い近江アナだけに、ネット上はこの話題で持ちきりだが、果たして本日の『あさイチ』でも沈黙を貫くのだろうか。スルーしたままだと、ただならぬ結婚だったのではないかと訝しがる声がますます高まりそうな気もするが……。

近江友里恵アナ「年の差ゴールイン」報道に疑問の声…「なぜ隠す?」「局の意志なのでは」不穏なムードが高まるのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!